1. TOP
  2. ドカ食い…なかった事に!翌日の食事が(デブ・痩せ)の分かれ道!

ドカ食い…なかった事に!翌日の食事が(デブ・痩せ)の分かれ道!

やめたいのにやめられないドカ食い、今日もついつい、ドカ食いしてしまった…。

食べてしまったものはいくら後悔しても無駄です!早めにドカ食いのダメージを、翌日の食事でリセットを目指しいきましょう。

と、その前に…ドカ食いを断食でなかった事にしようとしてませんか?管理栄養士の筆者からするとこれはおすすめできない対処法です。実際は…痩せたきゃ、食べきゃ!では早速、その方法をご紹介していきますね!

Sponsored Link

ドカ食いをなかった事に…翌日の食事とは!?

ドカ食いしてしまった後は、食べない事に走りがち…。でも実はそれは、長い目で見ると、太りやすくなるやり方なんです。

ドカ食いをしてしまった後は、消化の良いバランスメニューを中心に、次の食事や翌日から、数日かけて ゆっくりリセットしていくのが正解◎。

必要な栄養素はしっかり補いつつ、余計なカロリーだけをしっかり抑えて調整するのが、美容と健康を両立した賢い方法です☆

じゃあ具体的に、どんなものを食べれば良いの?と思いますよね。

リセット向けの食事は、「野菜・たんぱく質・炭水化物」の3点セットが揃った食事を意識するのがオススメ。

この3点セットを揃える事で、栄養バランスが自然に整いやすくなります。

栄養バランスを良くするコツ

●和食編

  1. 主食のご飯は玄米・もち麦などの雑穀ご飯にしよう!
  2. 汁物(お味噌汁、おすましなど)を1品加えよう!

お味噌汁は具だくさんにしましょう!

特に、野菜(ニンジン、玉ねぎ、ごぼう、キャベツ、大根、きのこ類など)もお味噌汁に入れるとたくさん食べやすいので、是非!

わかめなどの海藻類や、たんぱく質豊富な豆腐・納豆を入れてもGOOD!

 

●洋食編

  1. 具だくさんスープでバランスアップ!
  2. 油を抑えたメニューを!

ミネストローネや、コンソメスープなどは野菜や豆類など、とにかく具材をいっぱい入れましょう!お味噌汁とは違って、ニンニクや鷹の爪を入れて風味をつけても美味しいですね♪

油を抑えるには、煮込みハンバーグに、ロールキャベツ、ポトフ…などの煮込み系料理はいかがですか?

またドカ食いの後は、胃腸もオーバーワークでお疲れ気味。そうなると体も疲労感を感じやすくなり、食欲も落ちてきやすいもの。

そんな時は、野菜スープやサラダ、豆腐や蒸し鶏、茶碗に軽く盛り付けたご飯など、消化の良いメニューを無理のない量で選んであげると、体にも優しいですね。

食べ物はちょっとキツイ…という時は、スムージーやヨーグルト、フルーツジュースなど、食べやすくて口当たりの良い物を利用するのも賢い方法です◎

 

ドカ食いの翌日…こんな食事はNG!

ただし、1食調整してちょっと回復してきたからと言って、その次からいきなり食事をガッツリ戻してしまうのは、リセットをリセットしてしまうので やめた方が無難。

正直言うと、ドカ食いを1食や1日でリセットするのは難しいので、ドカ食いをなかった事にしようと思うと、数日必要です。

ドカ食いの翌日から数日はまた更に野菜やたんぱく質などを徐々に足していき、少し時間をかけて段階的に食事を元に戻すのがオススメです☆

 

ドカ食い翌日以降…断食って効果アリ?

ドカ食いした翌日あるあるの1つ「食べない=調整」だと思っている事に、実はドカ食いからの回復への落とし穴があります。

食べ過ぎた後に猛烈に感じる罪悪感…。

それにたらふく食べたおかげでなんだか胃も重たいし、昨日食べた分、ちょっと食事を抜いて調整しよう…と考える人、案外多いですよね。

でも、全く食べないのは心にも体にも、やはり負担が大きいもの。

肌荒れや便秘、肩こりや腰痛、気力や元気の低下など、体の不調にもダイレクトに繋がってしまいます。

また食事は、摂ったり摂らなかったりの落差が激しいと、だんだん筋肉量が減って代謝が下がり、脂肪が燃えにくく太りやすい体質に傾いてきてしまうので、こちらも注意が必要。

体脂肪が燃えるのは、実はこの「筋肉」の細胞の中。

「筋肉量が減る=脂肪を燃やす 焼却炉が減る」という事になるからです。

キレイを目指して健康的に調整しようと考えると、やっぱり断食はNG。水分補給をしっかりしながら、食事は 内容や量で 調整しましょう。

カロリーは1日の中で調整できても、栄養素は生きている以上、必ずコンスタントに必要なもの。

食べ過ぎた後も、賢い栄養補給で調整するのが、40・50代でガクッと残念な体型にならない為の上手なやり方ですね☆

 

ドカ食いがもたらす脅威

最初にリセットに向けた方法をお伝えしておいて何ですが、最も声を大にして言いたいのは「ドカ食いは、良くないぞ!」という事です。

まぁわざわざ言わなくても、皆さんもどこかで感じていらっしゃますよね(汗)

当たり前といえば当たり前ですが、ドカ食いは 摂取カロリーが爆裂になるため、どうしても太りやすさは避けられません。

特に、代謝が下がり活動量も落ちる「夜」の時間帯のドカ食いは、大きなカロリー消費がほとんど期待できないので、太りやすさのリスクもドーーンと倍増!大ダメージに繋がってしまいます。

またドカ食いは、胃腸への負担も非常に大きいので、体調にも様々な影響が出やすくなります。

一晩寝て翌日なのに、まだ胃が重い…。気持ち悪い…。疲れが抜けない…。そんな風に感じた事がある方、多いのではないでしょうか?

ドカ食いの後は、お腹に入った食べ物を消化吸収し切るまで、胃腸はフル稼働を強いられます。

例えば睡眠中など、本来ならば休めていられる場面でも、胃腸は必要な休憩ができなくなってしまうわけです。

休憩なしの大残業。過労による馬車馬パンク状態。どこぞのブラック企業の話のようですね…。

そうなると、

  • 睡眠の質の低下
  • 翌朝の疲労感
  • 意欲の低下
  • 食欲の低下
  • お通じリズムの乱れ
  • 肌荒れ、吹き出物

などなど、他にも色々な不調や悪い影響が体に出始め、その影響はドミノ倒しのように広がっていきます。

こういった不定愁訴は大きな疾病に繋がってしまうこともあるので、実はあんまり笑えない事なんですね。

イベントなど、つい調子に乗りやすい…。という人。周りのステキ女子は 同じように食べているように見えて、実は案外こっそりセーブしているものですよ☆学生時代、「テスト勉強、全然してな〜い♪」と言われて 仲間と思っていた友達が、高得点…的な友達あるあるは、案外こんな所でも生きています(笑)

 

ストレスによるドカ食いは、注意が必要

ドカ食いのキッカケがストレスの爆発で、実は結構衝動的にやってしまう…という人などは、食べる事以外の方法で、ストレスを発散してガス抜きする方法を用意しておくのがオススメです。

  • 趣味に没頭する
  • エステやマッサージに行く
  • 新しい洋服を買う
  • 髪型を変える
  • 半身浴で汗をかく
  • 適度な運動で体を動かす
  • レイトショーで映画を楽しむ
  • アロマテラピーでリラックス
  • さっさと寝てしまう

などなど、他にもストレス解消の方法は、人によって十人十色。

ハードルの高さも様々なので、意外と手を出しやすいものもあったりしますよね♫

忙しい人も時間が作れる人も、自分のライフスタイルや好みに合わせたガス抜きの方法を見つけて、いつでも自分をリセットできるように準備しておく。これぞ、カッコイイ大人のタシナミですよね☆

それでも溜まったストレスが大爆発するたびに、イライラしてドカ食いに走ってしまう…!と感じる場合は、お医者様に相談してみるのも1つの方法かもしれません。

特にドカ食いや絶食を繰り返してしまう習慣などは、過食症や拒食症などの疾病の原因になる事もあると言われています。

ドカ食いは、場合によってはかなりブラック寄りの怖い習慣なので、早いうちに少しずつ習慣そのものをリセットしていけると良いですね。

 

まとめ

ドカ食いしてしまった翌日のNGな食事法は…

  • 断食・食べない
  • 1食でドカ食いをリセットする
  • 消化の悪い食事をする
  • 栄養バランスが悪いメニュー

ドカ食い後でも太りにくい!有効なリセットメニューは「上記の逆の食事」とお考えくださいね。

ドカ食いしてしまった罪悪感でつい、断食や極端に食べる量を少なくしがちですが、たった1食でドカ食いを無かった事にするのは難しい…忍耐強く、数日かけてリセットする事が、実は暴飲暴食後の体型キープにはマストです!

必要な栄養素はしっかり補いつつ、余計なカロリーだけをしっかり抑えて調整する!

でも次回はなるべく、ドカ食いは抑えたいものですね…!

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

管理栄養士かな

子育ての傍ら、管理栄養士/ジュニア野菜ソムリエ/アンチエイジングプランナーとしてダイエットの食事指導を中心に、幅広いお客様に健康的でリバウンドしにくいダイエットのご提案を目指しています。
ダイエットや美容、健康にかかわる美味しい情報を、配信していきます。

関連記事

  • 【メープルウォーター】で栄養補給♪ココナッツウォーターより優れたその効果とは?

  • ダイエット中でも太らない!お酒の飲み方4つの”コツ”

  • 無理なく簡単ダイエット‼一生ものの「痩せる体質」を食事で作るコツ

  • 【名医が伝授】美人になる腸活方法【食べ物・オイル・体操♪】

  • 好きなものを【食べて痩せる食事】実例20選

  • 花粉症【効く食べ物・飲み物】薬には頼らない生活を手に入れよう!