1. TOP
  2. ダイエット中のめまいを救う!健康的に痩せる人が食べているもの

ダイエット中のめまいを救う!健康的に痩せる人が食べているもの

 2016/12/12 健康
 

ダイエットで体重は落ちても、めまいを感じるようになった、不意に立ちくらみがあったりして、なんだか体が辛い・・

特に極端に炭水化物や糖質を制限して、数キロ落として喜んでいる矢先に現れるめまいや立ちくらみなどは、もしかしたら、必要な栄養素まで制限してしまった事が原因かもしれません。

大切な栄養素をきちんと補う事で、ダイエット中に起こるめまいや立ちくらみなどの不快な症状を予防し、改善する事ができます。

今回は必要な栄養素をしっかり補って、より健康的にキレイにダイエットしていく為のコツをお伝えします。

Sponsored Link

ダイエット中のめまいの原因①エネルギー不足

ダイエットによる立ちくらみやめまいの原因の1つに、エネルギー不足が考えられます。

女性

人間は、体を維持して心臓や脳を動かしたり、運動や活動をして行く為に、食事でエネルギー源をとる事が必要です。

1日に必要なエネルギーの量は、その人の年齢や性別、体格や日常的な活動量など、様々な背景によって変わってきます。

そんな中、例えばできるだけカロリーを低く低く抑えるように、食事を制限したダイエットを続けたとしてみましょう。

摂取カロリーを大きく制限しすぎると、エネルギー量がその人に必要な量に届かない日が、何日も続くことになります。

その結果、エネルギー不足による血圧の低下、徐脈、低体温などの状態が起こり、疲労感や気分の悪さ、めまいや立ちくらみのような辛い症状に繋がってしまう事があると言われています。

!解決策

エネルギー源になる主な食べ物は、ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)です。

ここ数年は糖質制限ダイエットなども流行しているので、ダイエットというと まず糖質に注目される方も多いですよね。

体重増加の原因として、糖質は大変な悪者扱いを受ける事も多いです。

しかし、実は問題なのは糖質そのものではなく「食べ過ぎる事」なので、やはり健康的なダイエットの為には最低限のエネルギー源は必要になります。

めまいや立ちくらみを予防・改善して、健康的なダイエットをして行く為にも、最低限のエネルギー源はきちんと補いましょう。

※病院などで食事指導を受けている方や、糖質などの食事制限を含むパーソナルトレーニングなどを受けている方は、担当の医師や栄養士、トレーナーの指示に従ってください。

 

ダイエット中のめまいの原因②ミネラル不足

ダイエットによる立ちくらみやめまいの原因は、他にミネラル不足なども考えられます。

鉄分や銅などのミネラル分が不足すると、血液中の酸素運搬役であるヘモグロビンの量が充分に保てなくなり、貧血の状態になりやすくなります。

特に女性は毎月1回の生理で一定量の血液を失うので、男性に比べても鉄欠乏性貧血などの貧血に繋がりやすいという特徴があります。

貧血になると、体全体へ酸素が充分に行き渡らなくなるので、体が酸欠状態になり、頻脈、息切れのしやすさ、めまい、頭痛、顔色の悪さ、などを引き起こす場合があります。

階段を上がる時に息切れやめまいがする…などの症状がある方は、もしかしたら注意が必要かもしれません。

他にも!

スポーツ選手や、ダイエットの為にジョギングなどの定期的な運動をしている人の中には、足の裏からの衝撃で赤血球が壊れ、貧血に繋がる場合があると言われています。

体が酸欠になれば、運動のパフォーマンスも低下してしまうので、スポーツ栄養の面でも鉄分などのミネラルをしっかりと補って血液を充実させる事は、重要なポイントと考えられています。

!解決策

鉄分が多く含まれる食品としては、レバーが有名ですね。

レバーは人の体と相性が良い「ヘム鉄」という鉄分が含まれているので、吸収率の高い鉄分が効率良くとれる、とても優秀な食品です。

ヘム鉄を含む食品

  • 牛モモ肉
  • 赤身肉
  • 魚の血合いと呼ばれる赤茶色い部分

非ヘム鉄を含む食品

  • ヒジキ
  • ホウレン草

ヘム鉄よりは吸収率が下がりますが、肉や魚以外からも鉄分をとる事ができます。

非ヘム鉄はビタミンCと相性が良いので、同じ食卓にサラダを足したり、デザートに果物を食べるなどの工夫でビタミンCと一緒に食べると、吸収率のアップが期待できます。

 

ダイエット中のめまいの原因③ビタミン不足

少し意外かもしれませんが、ダイエットによる立ちくらみやめまいの原因には、ビタミン不足なども考えられます。

緑黄色野菜

現代の日本は食べ物が溢れ、特にビタミンなどの栄養不足は、なかなか起こりにくいと言われています。

しかし一方で、インスタント食品などをよく食べる人や、野菜不足、好きな物ばかりに偏った食生活などが続く人は、潜在的なビタミン不足を起こし、めまい、疲れが抜けない、立ちくらみ、だるいなど、不定愁訴と呼ばれる症状が起こりやすくなります。

更に、普段から飲酒や喫煙の習慣がある人も、ビタミンが消耗されやすく、こうした不定愁訴が起こりやすいと言われています。

また、こうした不定愁訴の他にも、ビタミン類の不足は 不足したビタミンの種類に応じて「欠乏症」という状態を引き起こし、体に様々な症状が現れ出します。

例えば、めまいや立ちくらみを伴う事もある「巨赤芽球性貧血」という悪性貧血も、ビタミン欠乏症の1つです。

!解決策

これは、新しく健康な赤血球を作る時に必要な「葉酸」や「ビタミンB12」の不足が原因で起こります。

特に妊娠中の女性は、赤ちゃんの神経系の発育の為に、お母さんの葉酸やビタミンB12が消費されやすくなるとも言われているので、普段以上に意識して補いたいビタミンの1つです。

葉酸・・・ホウレンソウ・アスパラガス・ブロッコリーなどの緑の濃い野菜や、葉物野菜、納豆など

ビタミンB12・・・レバー・魚介類・チーズなど

 

ビタミン類は、人の体の調子を整えたり代謝をサポーする上で、欠かすことのできない栄養素です。

ビタミン類は野菜や果物のイメージが強いですが、実は肉や魚、乳製品にも含まれているので、上手に組み合わせ摂取しましょう。

 

ダイエット中のめまいの原因④極端なダイエット

・〇〇しか食べない 「〇〇ダイエット」

・食事を抜く、食べないようにする

・食べた物を吐く

・下剤を乱用する

などの極端なダイエットは、慢性的な栄養不足を起こしやすく、体調を崩す原因に繋がりやすいので注意が必要です。

極端なダイエットが続くと、筋肉量の低下、めまいや立ちくらみ以外にも、食欲不振や鬱などの神経症状、疲労の蓄積、睡眠の質の著しい低下など、将来的に大きな病気に繋がる様々なリスクも増えてきてしまいます。

更に女性の場合は、ホルモンバランスが崩れる、生理が止まるなど、妊娠・出産に関わるリスクにも繋がりやすくなります。

生まれてくる赤ちゃんが 将来的に生活習慣病になるリスクも増加するとも言われていますので、妊娠や出産を希望する人は、特に注意が必要ですね。

何よりも、食べない事や極端な食事制限によるダイエットは、残念ながら美しくキレイに痩せる事には、なかなか繋がりません。

体に必要な栄養素をきちんととって、生き生きとキレイに輝いていきたいですね。

 

健康的に痩せる人が食べているもの

食事

健康的に痩せる人は、絶対に極端なダイエットはしません。

なぜならば、ダイエットとは、食べ過ぎる事なく、バランスの良い食事をする事が基本と知っているからです。

それから、太らない工夫もよく知っています。

例えば、食事の際は汁物や野菜を先に食べ、血糖値の急激な上昇を抑えたり、食事内容は今のままで、ダイエット中は乳酸キャベツをいつもの食事にプラスしたり…

そう、健康的で、でも太らないように食べる「工夫」が上手な人が多いんです。

特にこの乳酸キャベツは、ナイナイアンサーで紹介された大人気ダイエットです。どんな工夫か詳しくは、こちらの紹介記事を読んでみてくださいね。

冬太り解消ダイエット!!ナイナイアンサーで紹介の【しょうがとキャベツ】を使った楽痩せ方法とは!?

 

まとめ

いかがでしたか?

ダイエット中のめまいや立ちくらみは、エネルギー不足や、ビタミン不足、ミネラル不足など、栄養が足りていない事が大きな原因の1つです。

また、極端なダイエットによる慢性的な栄養不足も、原因になります。

体重が落ちて「痩せた!」と思っても、そのまま倒れて病院に…なんて事になってしまっては本末転倒ですね。

栄養バランスが整った食事を、毎食ごとに 食べ過ぎることなく重ねて行く事で、めまいや立ちくらみを予防し、髪の先や爪の先まで、女性らしく健康的で輝いたキレイを手に入れて行きたいですね。

こちらの記事、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

管理栄養士かな

子育ての傍ら、管理栄養士/ジュニア野菜ソムリエ/アンチエイジングプランナーとしてダイエットの食事指導を中心に、幅広いお客様に健康的でリバウンドしにくいダイエットのご提案を目指しています。
ダイエットや美容、健康にかかわる美味しい情報を、配信していきます。

関連記事

  • 【日焼け後のアフターケア】~うっかり赤み日焼けの対処~方法・食べ物

  • [どうやって食べるの?]キヌアの効果・食べ方・アマランサスとの違いは?

  • 実は身近だった!次世代スーパーフード「アマランサス」の美容効果

  • 好きなものを【食べて痩せる食事】実例20選

  • 無理なく簡単ダイエット‼一生ものの「痩せる体質」を食事で作るコツ

  • 【これは意外!】トマト×きゅうりは“悪い”食べ合わせ!?