1. TOP
  2. 東京から【日帰りドライブ】おすすめ!2時間半で行く長野県の旅

東京から【日帰りドライブ】おすすめ!2時間半で行く長野県の旅

 2017/02/27 ライフスタイル
 

東京から車で日帰り…どこまで行けるんだろう?遠く思える長野県ですが、意外に2時間半で行ける観光スポットがありますよ!

この記事では、東京から日帰りで行けるドライブスポットとして、重要文化財に指定され映画ロケ地としても有名な温泉から、絶対買いたいおすすめ地元菓子など、長野県民がおすすめする穴場スポットをご紹介します。

一人旅はもちろん、デートで行っても、子連れでも楽しめる情報満載です。是非、ドライブ旅行の候補に加えてみてくださいね!

Sponsored Link

東京から日帰りドライブにおすすめ…長野県!

車を持っている方であれば、休日にドライブで少し遠出なんて楽しいですよね。

東京から長野!?と思われるかもしれませんが、実は長野県までは、高速道路の中央道を経由すれば、2、3時間で行くことができるんですよ!

まあ、長野と言っても広いんですが…長野県民としてのおススメは、諏訪市です!

諏訪市は、中央道で約2時間30分。諏訪ICを降ります。

諏訪市の王道スポット

諏訪市といえば、有名なのが「諏訪湖」です。


夏は花火大会があり、大勢の人で賑わい、冬は湖が凍って「おみわたり」が見られることも。かわさぎ釣りなんかもできたりします。

また4年に一度行われる「御柱」は、この地域の昔からの盛大なお祭りです。

諏訪地域に昔から住んでいる方は、この御柱になると、祭りに参加する人にご馳走をふるまうので、「御柱貯金」をしているとか…。

そんな諏訪市を訪れたら、諏訪湖に行って「白鳥丸」という遊覧船に乗る、諏訪大社に行っておみくじを引く…なんて王道プランも楽しいかと思いますが…

実は私は学生時代に、この上諏訪に住んだことがあるんです。そこで、長野県民の穴場おすすめプランを紹介しちゃいます!

 

穴場おすすめスポット①日帰り温泉

諏訪市には、実は温泉が湧いてるんです。

間欠泉

間欠泉とは、周期的にで湯や水蒸気がドバーっとと噴き上がる温泉の事。

諏訪湖沿は、そんな「間欠泉」が見られる場所もあり、これは日本全国探しても数か所しか見られない現象です。ただ、ちょっと残念なカラクリもあるんですけどね…

昭和58年に噴出したここの間欠泉は、かつて世界2位の高さを誇る噴出量だったそうです。ただ残念な事に自動噴出の間隔がどんどん狭まって…もう自噴は止まってしまったそうです…Σ(・□・;)

今では、この温泉を管理している諏訪湖間欠泉センターが装置を使って、噴出の手助けをしているみたいですよ。

この温泉がある諏訪湖間欠泉センターには、売店があったり、映画やドラマの撮影が行われた記念に、出演者のサインやセットなどの展示コーナーもあります。無料なので、一度足を運んでみてはいかがでしょう?

間欠泉噴出時間

9時30分
11時00分
12時30分
14時00分
15時30分
17時00分(4月~9月のみ)

 

国の重要文化財指定 片倉館

諏訪湖間欠泉センターを南下し、諏訪湖沿いを走っていると、煙突が立ったレトロ感漂う「片倉館」があります。1928年に建てられたこの洋館は、国の重要文化財に指定されています。

館内はガイド付きで見学(有料)する事ができます。予約制になっているので、予約・詳細はこちら

さらに、片倉館には「1,000人が一度に入れる程の広さがある」を由来に持つ、千人風呂と言う温泉があります。温泉が深いために、「立って入る」なんとも珍しい温泉です。

もちろん日帰入浴もOK。上諏訪温泉は少し温度が高めで、体の芯からポカポカ温まる事間違いなし!

千人風呂

料金:大人650円、小人450円(3歳以上~小学生)

営業時間:10時~21時(最終受付:20時半)

休館日:毎月第2・第4火曜日

 

SAに温泉が!

また、高速道路の諏訪SA(上り・下り)には、「ハイウェイ温泉」があります。SAに温泉が!これもちょっと珍しい地元自慢の温泉です。

私も一度、今の主人と利用したことがありますが、なかなか良かったですよ!

入浴施設情報

・営業時間:10時~22時

土日祝9時~22時

※2月20日~3月21日は営業休止

・料金:大人610円、小人270円

 

諏訪湖の周囲に点在する足湯

温泉施設で日帰り温泉も良いですが、もう1つおすすめなのが足湯です!

諏訪湖の周りを歩いていると、足湯できる箇所がいくつかあります。もちろん無料!

下諏訪の方に行けば、地元の人しか知らないような足湯もチラホラ存在し、宝探しのように巡ってみてもおもしろいですよね。

足湯のいいところは、タオルさえあればOK!と手軽な上に、いつまででも入っていられるくらい癒し感があるところではないでしょうか!?

友達や恋人と、足湯に浸かりながら語り合うのも、楽しいものです。

実際、私も学生時代には友人と、社会人になってからも恋人と足湯に入りながら語り合いました。

しかし無料で誰でも入れるので、他の人が利用している可能性も高いです。もし貸切状態が良い!と言う場合は、平日の昼間や夜中が比較的空いてますよ。

 

穴場おすすめスポット②公園

子連れの方であれば、お子さんが喜ぶところに連れていってあげたいですよね。

そこでおすすめなのが、公園です。

立石公園

上諏訪駅よりずっと上、山を登っていくとある公園で、諏訪湖が一望できる、とても景色のいい公園です。

遊具は、長い長い滑り台があって、大人でも楽しめます!

夜になると夜景が綺麗なので、デートで行くのもおすすめで、昼とは一変、一気にカップルの人気ドライブスポットに早変わりスポットです。

寒いですが冬に行くと、他のカップルは少ないし、空気が澄んでいて景色は綺麗で最高です!

私は学生時代、デートでは行きませんでしたが、友人と滑り台と夜景を楽しみに通ったものです。

 

石鳥公園

諏訪湖沿いにある公園です。

遊具があるわけではないですが、一面芝生で、諏訪湖岸にも下りることができ、ただ歩いているだけでも楽しいです。

踏み石などの健康アスレチックもあって、学生時代は盛り上がったものです。駆け回るのにはもってこいの場所ですよ!

 

おすすめ観光「水陸両用バス」

諏訪湖では、「水陸両用バス」に乗ることができるのをご存知ですか!?

その名も「諏訪湖ダックツアー」。

オープン仕様の水陸両用バスで、諏訪湖を一巡りすることができます。

諏訪湖沿いにある「SUWAガラスの里」を出発し、ヨットハーバー、諏訪湖クルーズ、諏訪湖畔公園、高島城を巡って戻るコースです。

ツアー時間は、約55分。うち諏訪湖を走るのは約20分です。

事前予約が必要で、当日受付に並んでも空席が無い場合は乗れないこともあるので、水陸両用バスを目的とした日帰り旅行になるなら、必ず予約していきましょうね。

ちなみに今シーズンの運行は、2017年4月1日~12月3日まで。

料金:大人2,800円、小学生以下1,800円、2歳以下500円

9時~で、その後、1時間10分毎の運行。

事前予約はこちらから

 

私の学生時代にはこんな最先端なものは無く、足こぎボートで精一杯でした。。子どもができた今、諏訪に遊びに行く時は絶対乗りたいバスです!

 

絶対的おすすめ!お土産

諏訪での私のおすすめなお土産は、

①大社せんべい

諏訪に3店舗あり、諏訪インターの近くにもあります。

中でも私のお気に入りは、ピーナッツせんべい。素朴な味で、口の中で砕けるサクサク感がなんとも言えないですよ!

1つ1つ手作りというこだわりがあり、食べ応えのある一品です。

 

②ヌーベル梅林堂

焼き菓子で有名なお店。

このお店の「くるみやまびこ」は最もおススメなお菓子です。

モンドセレクション最高金賞も受賞したお墨付き商品がこちら。

農耕なキャラメルとくるみの味わいが絶妙で、周りのクッキー生地もサクサクしていて美味しいです。

甘いもの好きには堪らない一品ですよ!

 

③塩羊羹

下諏訪にある新鶴本店の「塩羊羹」もおススメです。

上品な甘さで、あまり甘いものが得意で無い方でも美味しく食べられます。甘い中にも塩がきいていて、私なんかいくつでも食べられちゃいます!笑

ちなみに、これらのお土産は諏訪SAでも購入できますよ。色々回るのが面倒!と言う方は、SAに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京からだと長野県って、遠いイメージを持っているかもしれませんが、諏訪市であれば日帰りで全然遊びに行けちゃう距離です。

今回は、私なりのおススメスポットを紹介しましたが、きっとまだまだ素敵な所があるはずです。

これから暖かい季節になってきたら、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

美コツ編集部

オーストラリア東海岸、在住。自然の美しさ、そこに暮らす自然体のままの人々とふれ合う中で、「豊かさ」とは、なにか、健康とは、美とは…を学んでいます。
また1年のうち、半年間づつ東京とを行き来し、日本で最新美容情報を収集しています。
オーガニック最先端国と呼ばれる、ここオーストラリアからそんな生活の中から培った様々なノウハウを発信していきます。

関連記事

  • 2017年東京お花見おすすめの場所!開花の時期はいつ? 

  • 東京から【日帰り温泉♪】標高1,800mで入る絶景風呂…他まとめ

  • 【東京タワーが見えるホテル】彼氏・彼女と泊まるおすすめの部屋

  • 東京タワー桜ライトアップ【彼氏と行く!一夜限定お花見デートスポット】