1. TOP
  2. 肌の赤み・毛穴の治し方【少しの見直しケア】で劇的変身!

肌の赤み・毛穴の治し方【少しの見直しケア】で劇的変身!

消えない…とあなたを悩ませている「肌の赤み」の治し方を、美容アドバイザーの筆者がご紹介します。

赤みに加え、赤み周辺の頬の毛穴に悩んでいる方は、間違ったスキンケアが原因で、赤みがずっと消えないでいるのかもしれません。

赤みニキビは、意外にも、いつものスキンケア方法をほんの少し見直すだけで改善できる事が多いですよ!

そんな肌の赤いブツブツ(ニキビ)にお困りの方、改善するにも、予防するにも、まずは原因を知ってその原因を断ち切るところから見直してみませんか?

Sponsored Link

肌の赤みの原因はニキビ?

ニキビが赤く炎症(赤ニキビ)を起こしてしまうと肌の毛細血管が拡張し、うっ血した状態になります。するとニキビだけでなくニキビの周辺の皮膚も赤くなってしまいます。

これがニキビが原因で赤ら顔になる仕組みです。

当然ニキビがたくさんできればできるほど、皮膚の赤みも広範囲に広がり、顔全体が赤みを帯びた「赤ら顔」になってしまうのです。

ニキビによる赤ら顔はニキビができやすい部分、つまり皮脂分泌が多い部分でのみ起こりやすいという特徴があります。

眼の周りなどの皮脂分泌がほとんどない部分は赤くならずに、それ以外の部位が赤くなってまるでパンダのような顔になってしまうのが特徴の1つです。

 

肌に赤みがあると毛穴が目立つ!

赤ニキビができるということは「皮脂が過剰に分泌していることで、毛穴が開いた状態になっている」ため、赤みとともに、毛穴も目立つ肌になりやすいです。

赤く炎症を起こす赤ニキビが起こるのはアクネ菌が原因。そのアクネ菌は、皮脂を栄養源にして繁殖します。

ニキビが治っても赤ら顔が続くのは?

せっかく炎症がおさまりニキビが治っても、その後のニキビ跡がちゃんと消えるまでにある程度の期間がかかるため、その間にまた新しいニキビが発生して赤みを繰り返してしまい、常に赤ら顔の状態が続いてしまうのです。

さらにニキビが治っても、そのニキビ跡が赤いまま残ってしまうという場合も。

◆黄色ニキビや黒ニキビの場合…ニキビ跡は赤みのないクレーター状態で残る

◆赤ニキビの場合…ニキビの炎症によって毛細血管が拡がった状態が長く続いてしまうことで、元に戻りにくくなってしまう

 

ニキビによる赤ら顔の治し方

ニキビによる赤ら顔と毛穴の改善は、まずは発端である赤ニキビの炎症を抑えて、正常な毛穴の働きに戻し、新たにニキビができないように予防することが最善の方法です。

実は洗顔料が刺激になっているかも!?

まずは今使っている洗顔料が脱脂力が強いタイプだったり、スクラブやピーリング成分が入ったものではないかチェックしてみましょう。

こうした洗顔料はニキビ肌専用のものに多いですが…

知ってますか!?
ニキビによる赤ら顔になりやすい人は、皮膚が薄くて敏感肌の人に多いって事! そんな敏感肌の人が、洗浄力の強いものやスクラブ系洗顔料で顔を洗うと… 顔を洗うたびに刺激を与えてしまい、赤ニキビや肌の赤みをより悪化させてしまってますよ!!

さらに!!

強い脱脂力の洗顔料は乾燥を引き起こし、過剰な皮脂分泌によって毛穴が開いてしまいます。

さらに、さらに!!

こうした間違った洗顔を続けると…

肌は抵抗力や免疫力をどんどん失うので、ストレスや睡眠不足、その他の生活習慣など「ちょっとしたこと」でもすぐ、ニキビの炎症や赤みを繰り返してしまう肌になるのです。

洗顔料の見直しができたら、正しい洗顔を心がけるようにしましょう。

 

肌に刺激を与えない洗顔法

予防改善するためには、毎日の洗顔の見直しで、肌に刺激を与えない正しい洗顔方法が早く治すための近道になります。

美肌のための正しい洗顔方法 「泡パック洗顔法」

パック

・洗顔料はよく泡立てるのが基本!

・ポイントは泡を肌に「塗る」もしくは「のせる」ように

・泡でパックをして少し時間をおいてから、ぬるま湯で洗い流す

・洗い流す時は、手のひらのぬるま湯を肌に優しく当てるように

・しっかり泡を取り除く

!毛穴の汚れが気になる場合、蒸しタオルやスチーマーなどで毛穴を開かせてから、泡パック洗顔をしてください。

乾燥肌の人…朝だけ洗顔料は使わずに、ぬるま湯だけで洗顔すると乾燥が落ち着いてきます。

 

一般皮膚科での治療

一般皮膚科ではニキビ治療をメインに、外用薬や内服薬、抗生物質やビタミン剤などが処方されます。

また赤ら顔に関しては漢方なども処方されることが多く、血流が良くなるよう体質改善を促す治療もあります。

ニキビによる赤ら顔や毛穴がセルフケアでは改善が見られない場合、皮膚科などの医療機関でも治療できるので、気になる方は診察を受けてみてはいかがですか?

 

改善がどんどん遠のく!NG行為

炎症や毛穴の開きをこれ以上悪化させないために「とにかく刺激を与えないこと」・「洗い過ぎに気をつけること」が重要なポイントです。

ニキビが治ってもまたできるという連鎖は、たいてい間違ったスキンケア、特に洗顔のし過ぎが原因の場合が多いです。

ニキビができていると、心理的にどうしてもしっかり洗って早く治したいという意識が働いてしまいます。すると炎症を起こした(起こしやすい)ニキビに刺激を与えてしまい、悪化させてしまう事に…。

洗顔のし過ぎの落とし穴…

肌に必要な潤いまで取ってしまうので、余計な皮脂を過剰に分泌させて、実はより毛穴を広げてしまいます。

毛穴が目立つだけでなく、毛穴を詰まらせ新たなニキビを発生させたり、アクネ菌が増殖し炎症を伴う赤ニキビができやすくなるのでご注意を!!

 

食べ物・食事の見直しも必須です!!

またこうした外側からのケアだけでなく、内側からのケアとしてとても有効的なのは食事の改善です。

ストレス、睡眠や運動など、さまざまな生活習慣の中でも食べ物は最も手軽に、すぐ改善しやすい方法ですよね。

まずは1日の食事内容を見直すことから始めてみましょう。

脂っこいものやファーストフードなど脂質の多いものばかり食べていませんか?

こうした食べ物は皮脂分泌を促してしまったり、血流が悪くなってニキビが悪化し、治りにくくなります。

さらに血流が悪くなると、毛細血管に血が溜まりやすくなり赤ら顔の原因にもなってしまうので、脂質の摂りすぎに気をつけましょう。

サプリメントなどもいいですが、まずは毎日3食の食事の脂質量を少し意識してみるだけで早ければ数日で肌に良い変化が現れることもあります。

 

どうしても治らない時…お金をかけた治療も

「どうしても治らない、お金を投資しても、何としても治したい…!」人には、美容クリニックでの治療をおすすめします。

美容クリニックでは主にレーザーやイオン導入、またIPL(インテンスパルスライト)などの光エネルギーを照射することで、赤みや色素沈着を改善する光治療などの治療方法があります。

レーザーや光治療の施術時間は約20〜30分ほどで、施術後は少し赤みが出ることもありますがすぐおさまりますし、痛みもほとんどなく安全な治療法と言えるでしょう。

赤み治療によく使用されるのは次の3つです。

①オーロラ  

光と高周波(ラジオ波)を照射する治療器です。色素に光エネルギーを吸収させることで赤みの色素を除去します。

また高周波で真皮層のコラーゲンの生成を促進させることで、赤みが目立ってしまう薄い皮膚をふっくらさせ、毛細血管の赤みを透けにくくさせる働きがあります。

◆参考価格:30,000円ほど

②ジェネシス

ロングパスNd:YAGレーザーが真皮乳頭層という層にある微小血管を加熱し収縮させることで、拡張した毛細血管を元に戻し、赤ら顔を改善する治療法です。

コラーゲン再生を促し、肌にハリを出すことで赤みを目立たなくさせる働きがあります。毛穴の働きの正常化も期待できるのでニキビ・毛穴ケアにもなります。

◆参考価格:12,000円ほど

③イオン導入 

炎症や赤みを鎮静化させたり、毛穴を引き締めて目立たなくさせる働きがあり、コラーゲン生成促進も期待できます。

オーロラやジェネシスの施術後に合わせて行うことで、相乗効果につながります。

◆参考価格:8,000円ほど

 

ニキビによる赤ら顔になりやすい人

  • 血流が悪い人

元々の体質的な場合や、脂質の多い食事習慣などが原因で血流が悪くなると、毛細血管に血が溜まって、うっ血しやすく、赤ら顔になりやすいという傾向があります。

  • 色白の人  皮膚の薄い人

肌の色が白い人は皮膚が薄い場合が多いですが、薄い皮膚である人は敏感肌でもあるケースが多いです。

そのため少しの刺激でニキビやその他の炎症が起こりやすく、広がりやすいですし、毛細血管の拡張も透けて見えやすく目立ちやすいため、赤ら顔になりやすい傾向があります。

 

最後にもう一度知ってほしい「洗い過ぎ=ニキビの悪化」

私が化粧品メーカーでBAの仕事をしていた時のエピソードです。

赤ニキビができやすく赤ら顔でお悩みの20代前半のお客様がいました。

さまざまなメーカーのニキビ用スキンケアを試し続けているけど、10代後半からニキビと赤ら顔が治らないし、毛穴も目立つ。

皮膚科に行って薬をもらうと一時期はニキビが治るけど、しばらくするとまたぶり返してしまい、肌の赤みは消えないまま…といった状態。

もしや洗い過ぎによる刺激が原因かもしれないと思い、カウンセリングで普段の洗顔についてお話を聞くと、やはりスクラブ系の洗顔料を使っているようでした。

赤みが気になるので、お化粧はしっかりメイクでカバー。

メイクオフはしっかりしてニキビを予防しなければ!とクレンジングを2回!!プラス、泡洗顔という「W洗顔」どころか「トリプル洗顔」を毎日していたのです!

明らかに洗い過ぎて肌を痛めつけてしまっているということをお話しし、正しい洗顔方法と、肌に刺激のない敏感肌用のニキビケア洗顔料や、スキンケア化粧品をおすすめしました。

その後そのお客様から、洗い過ぎをやめて正しい洗顔方法を心がけただけなのにニキビや赤み、毛穴の開きが減ったという嬉しいご報告が!!

ニキビ予防・改善の為に知ってほしい事

繰り返しニキビを作ってしまう人に限って、「ニキビができているということは肌が弱くて過敏な状態である」という意識がない人が多く、それがつい、強くゴシゴシ顔を洗ってしまう原因だと思いました。

ニキビは尋常性湿疹という立派な皮膚疾患なので、肌を優しくいたわらないと、治るものも治らない。

まずは、当たり前のことから見直してみることが肌の改善に最も大切なことだという事、ニキビ予防・改善の為には是非、頭においてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ニキビによる赤ら顔や毛穴の改善は、炎症をおさえて血流を良くして、過剰な皮脂分泌を抑えることが大切です。

そのためには食事や日常のケア、特に洗顔など基本的で当たり前のことを見直すことがなにより効果的な改善方法です。

こうした基本的なホームケアは、クリニックなどで治療をする場合でも自分でできる基本のケアで、重要です。

日々の努力でニキビも毛穴も赤ら顔も、綺麗に治していきましょう!

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

美容アドバイザーNemon

ビューティーアドバイザーとして5年経験を積み、美容クリニックで施術スタッフに。美容の事なら何でもお任せ!の美容マニアです。一般にはあまり知られていない美容医療などの良い点、おすすめの点などを多くの方に広め、皆様の「キレイ」をお手伝いできたらと情報を発信してまいります。

関連記事

  • 「肌の赤みの原因」を突き止める!頬・鼻に現れる赤みの正体は?

  • 肌の赤み【下地は何色?】おすすめコントロールカラーの使い方

  • 【肌の赤みの治し方】顔が赤いのは「敏感肌」が原因かも?

  • 肌の赤み・ニキビの治し方「食べ物で中から美肌になる方法」