1. TOP
  2. 妊婦の便秘は踏ん張っても大丈夫?ひどい便秘になる前に…オリゴ糖で予防しよう♪

妊婦の便秘は踏ん張っても大丈夫?ひどい便秘になる前に…オリゴ糖で予防しよう♪

 2016/11/05 健康
 

妊娠すると便秘で悩む事が多くなりますよね。お腹が張ってしまって苦しい…何てこともあるかもしれません。いくら便秘対策をしても、思うように出ないと気分が落ちてしまうものです。

便意が来た時は早く出し切ってスッキリしたいはず。

しかし、あんまり踏ん張ってしまうとお腹の赤ちゃんに悪いんではないか?踏ん張った拍子に生まれてしまうのではないか?と、思い切り踏ん張れないのではないでしょうか。

そんな疑問に答えるべく、妊婦が便秘の時に踏ん張っても大丈夫なのか、そもそも便秘がひどくなる前にできる便秘対策にはどんなものがあるか…合わせてご紹介します!

妊婦の便秘は踏ん張っても大丈夫?

基本的に、便秘で踏ん張る事は、安静が必要な程のトラブルがない限り、お腹の赤ちゃんには影響はありません。

いきむことで排便ができるのであれば、いきんで排便した方がママにも赤ちゃんにも良いのです。

とは言っても、子宮口が大きく開いている妊娠後期では、いきむことで切迫早産のような症状を起こす可能性があります。赤ちゃんは出てきませんが、注意が必要でしょう。

そして、母体への負担が大きい事も覚えておきましょう。

トイレで座ったまま長時間いきむ、というのは体にとても負担がかかるのです。

いきむことで血圧が上昇してしまったり、肛門に負担がかかって痔になってしまったり、子宮収縮の原因なることもあります。体調があまり良くない時は、特に注意が必要です。

上手にいきむコツ

  • 前かがみになり、両肘を太ももに置いてかかとを上げて、息を吐く

お腹への負担を軽くして、便の送りをスムーズにしてくれます。かかとを上げることで、 腹筋の力が伝わりやすくなります。

  • 事前に腰回りを温めたり、温かい飲み物でお腹の内部を温める

血行が良くなり、腸の動きが活発になります。

  • ウォシュレットで肛門を優しく刺激する

 

ひどい便秘になる前の予防法

妊婦になると、ホルモンの影響や子宮が大きくなる事で、便秘になってしまう事が増えます。

もし便秘になって踏ん張ったとしても、大抵の場合、赤ちゃんには影響は無い一方で、母体への負担が大きいので、ひどい便秘にならないように予防する事が大切です。

妊婦の便秘予防としては、

  • 毎日決まった時間にトイレに行く習慣をつける
  • 食事を見直す
  • 身体を温める
  • 適度な運動をする
  • 便秘に効くヨガのポーズをとる
  • 便秘に効くツボを押す

など、様々な方法がありますが、中でも、簡単で有効的な方法に、オリゴ糖を摂取する事があげられます。

そこで、オリゴ糖について紹介したいと思います!

 

オリゴ糖とは?

オリゴ糖

オリゴ糖とは、腸内環境を整えてくれる“善玉菌”の一つ「ビフィズス菌」の働きを活発にするものです。

このビフィズス菌が、オリゴ糖と腸内でくっつく事で、腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やしていきます。その結果、腸内のビフィズス菌(善玉菌)は増えて、便秘や下痢、肌荒れや吹き出物の原因である腸内の“悪玉菌”を減少させるのです。

また、オリゴ糖は摂取しても胃で消化されずに腸までダイレクトに届く優れもの。もともと腸内にいたビフィズス菌(善玉菌)を効率よく増やす事が出来るのです。

このオリゴ糖は、妊娠中の便秘対策に特に、オススメなんです!

  • 妊娠中も安心
  • 体の中から綺麗になる
  • ノロウイルス予防
  • 速攻性がある

 

オリゴ糖が妊婦に嬉しい理由

オリゴ糖の特徴を詳しく見てみましょう。

beautiful mama

◎妊娠中も安心

オリゴ糖は自然食品なので、赤ちゃんが口にしても大丈夫。もちろん妊娠中であっても、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える事はありません。

薬に頼らずに、お腹の赤ちゃんにも優しい食品で便秘を解消できる優れものです。

◎体の中から綺麗になる

オリゴ糖により、腸内にビフィズス菌(善玉菌)が増えると腸内環境を整えるだけでなく、

  • 腸の運動を活発にする
  • ビタミンを作る
  • 有機酸を作る

といった働きをして、美肌作りにも効果的なのです。

腸内環境が整って腸の運動が活発になると、便秘を根本から改善することに繋がります。

◎ノロウイルス予防に効果的

毎年冬になると流行する、とても感染力が強いウイルス「ノロウイルス」。

薬を服用できない妊婦さんが感染すると大変なので、なるべく予防したいものですよね。

このノロウイルス予防に効果的なのが、免疫力をあげることです。腸内環境を整える事は、免疫力が向上する1つの要因として重要とされています。

そのため、オリゴ糖で腸内環境を整える事は、ノロウイルス予防になるのです。

◎速攻性

オリゴ糖の商品によりますが、早い方で2〜3日で効果を実感できています。

健康食品としては、効果が出るまでが非常に早いので、便秘に苦しんでいる人にもオススメです。

 

オリゴ糖のデメリット

一方で、オリゴ糖の摂取にデメリットもあります。

それは、商品が「多様」だという事。オリゴ糖には、様々な商品が存在し、それぞれに高濃度や、純度〇〇%といった表記がされ、その効果に惑わされてしまう事があるのです。また値段も幅広いので、選ぶのが難しいことが難点です。

便秘対策として、腸内環境を整えるためにオリゴ糖を購入するのに、濃度や純度で選ぶ必要はありません。

もちろん、値段が高いから効果が良いというわけでもありません。

便秘対策としてオリゴ糖を選ぶ際には、“特定保健用食品のマークがついているもの”を選ぶようにしましょう。

 

オリゴ糖で便秘解消の原理

人間の腸内には、100兆個ともいわれる細菌が住んでいます。

この細菌の種類は、大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類。

健康な人の腸内は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%の状態で構成されています。

この日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の腸内に多い方と同じ働きをする細菌で、腸内に悪玉菌が多くなると、悪い作用をするようになってしまう…という事です。

便秘を解消するためには、善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑え、腸の動きを活発にする事が大切になります。

腸

この善玉菌の代表的なものが、「乳酸菌」「ビフィズス菌」の2種類で、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。体内に取り入れた乳酸菌・ビフィズス菌を効率良く働かせるには、これらの菌のエサとなるオリゴ糖・食物繊維の助けが不可欠です。

オリゴ糖は、ビフィズス菌のエサになるので、ビフィズス菌の繁殖に効果を発揮、ヨーグルトなどで摂取したビフィズス菌を、オリゴ糖でさらに増やす事で腸内環境を整えるのです。

 

オリゴ糖の選び方

オリゴ糖には約20の種類があり、その全てが大腸まで届いて便秘に効果をもたらす訳ではありません。

オリゴ糖には大きく分けて、「難消化性」と「消化性」の2種類があり、中でも「難消化性オリゴ糖」は、大腸まで届いて働くもので、ビフィズス菌を増やす働きがあります。

主な難消化性オリゴ糖には、7種類あります。

●ラフィノース

ビートから作られる天然オリゴ糖。吸湿性が無いので、粉や錠剤タイプの製品に適している。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の20%。

●フラクトオリゴ糖

玉ねぎ、ニンニク、トマト、バナナなどに含まれるオリゴ糖。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の25〜35%。虫歯になりにくい甘味料。便臭の軽減効果もある。

●キシロオリゴ糖

タケノコやトウモロコシにわずかに含まれるオリゴ糖。ある種の食物繊維を酵素分解して作られる。少量でもビフィズス菌増殖に高い効果を発揮。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の25〜40%。

●乳果オリゴ糖

ラクトスクロールとも呼ばれるオリゴ糖。サトウキビに含まれるショ糖と、牛乳に含まれる乳糖が原料。ビフィズス菌の増殖を促進。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の約50%。砂糖の代わりに使用される事が多い。

●ガラクトオリゴ糖

乳糖から作られるオリゴ糖。母乳にも多く含まれる動物性のオリゴ糖。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の25〜35%。吸湿性があり、食品に混ぜるとクリーミーになる。乳製品アレルギーがある場合は注意。

●アラビノオリゴ糖

リンゴに含まれるペクチンに由来するオリゴ糖。悪玉菌のエサにならないので、悪玉菌は活力を失い、元気の良いビフィズス菌だけを増やせる。

●大豆オリゴ糖

大豆から作られるオリゴ糖。消化吸収されやすいが、少量でもビフィズス菌の増殖に効果を発揮。カロリーは砂糖の約半分、甘味度は砂糖の70%。強い甘みを好む人にオススメ。

甘味度や原料・製造方法が違うので、自分にあったものを選ぶ必要があり、さらに「便秘に有効な」オリゴ糖を選ぶ事が大切です。

便秘に有効なオリゴ糖の特徴

  1. 純度が高いと言われる粉末状のオリゴ糖
  2. 数種類のオリゴ糖配合している
  3. 自然由来の素材で安心なもの

これら3つの条件を満たし、大腸まで届いて働き増やす働きがあるおすすめのオリゴ糖を2種ご紹介します!

 

おすすめのオリゴ糖①カイテキオリゴ

便秘対策に有効なオリゴ糖の3つの条件を満たしていて、全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質、日本で一番選ばれているオリゴ糖が「カイテキオリゴ」です。

この「カイテキオリゴ」の始まりは、北海道のてん菜(サトウダイコン)から天然抽出したオリゴ糖で、これを独自の「EOS(イオス)理論」により、より発展させて商品化したものです。

ビフィズス菌ほぼ全てを活性化

腸内のビフィズス菌は約10種類と言われており、約10種類全ての菌の好みにマッチし、ビフィズス菌全てを活性化させるのは、1種類のオリゴ糖だけで作られる一般的なオリゴ糖商品では難しいのです。

それに対して「カイテキオリゴ」は、複数のオリゴ糖を組み合わせて、約10種類ものビフィズス菌ほぼ全てを活性化させる「EOS(イオス)理論」に基づいて作られています。

さらに研究は進められ、「EOS(イオス)理論」に加えて、2つのイノヴェーション(技術革新)が追加されています。

1つ目は、善玉菌の生息特徴に注目した配合をしていること。

善玉菌は種類によって生息している場所が違います。下の方に棲んでいる善玉菌にもきちんとオリゴ糖が届くように配合を調整することで、届きにくい場所にもアプローチできるようになり、より全体を活発にする事を可能にしました。

2つ目は、「スルッと感」を実感できる成分を配合をしていること。

通常、出口付近の便の量が多くなると「スルッと」出てスッキリし、出口付近でカチカチ固まってしまうと、スルッと出来ずに苦しいものです。そのため、必要水分を効率よく与える製法をとって「量をカサ増し」して「柔らかい状態にする」事で、スルッと感を向上しています。

3つの安心

  • 厳格基準*を超えて、品質推奨品の認定受けている
  • アフターフォローのサポート体制が整っている
  • 妊婦さんだけでなく、赤ちゃん、高齢者の方まで幅広く活用できる

使用方法だけでなく「健康管理士」による健康・美容相談窓口設けるなどのアフターフォローのサポート体制が整っていて、困ったことがあればすぐに相談できるサービスは他にはないですよね。

*米国財団法人  野口医学研究所の倫理審査委員会が定めたもの

▼カイテキオリゴ詳しくはこちらをClick

「カイテキオリゴ」は白い粉末状で味にクセがなく、ほんのりと甘く、そのまま食べることもできますが、飲み物に混ぜたりお料理に混ぜたりと、手軽に日常習慣の中で摂取する事ができます。

 

おすすめのオリゴ糖②はぐくみオリゴ

便秘対策に有効なオリゴ糖の3つの条件を満たし、自然素材100%、オリゴ糖100%のオリゴ糖が「はぐくみオリゴ」です。

無着色、無香料のオリゴ糖100%なので、妊婦さんはもちろん、赤ちゃんも安心して摂取する事が出来ます。

この「はぐくみオリゴ」は、体の中の善玉菌を活性化させるため、大腸まで届く5種類の難消化性オリゴ糖を、高純度で、濃密に、配合率にも試作を重ねて特殊製法ブレンド。今までにないオリゴ糖となっています。

これら濃密な5つのオリゴ糖をバランスよく体に取り入れることにより、体の中の善玉菌を活性化させ、詰まった老廃物を流します。その実感力はケタ違いで、愛用者の満足度は実に92.7%にのぼります!

はぐくみオリゴに含まれる5種類のオリゴ糖
●ガラクトオリゴ糖…赤ちゃんを育てるために作られる母乳に含まれるオリゴ糖。数多くの菌を育てる素材として注目されています。また、ビタミンやミネラルの吸収率も促進してくれます。

●キシロオリゴ糖…オリゴ糖中でも非常にカラダの巡りをサポートする働きが強いのが特徴。トウモロコシや麦などから少量しか絞り出す事ができない、濃密高純度なオリゴ糖です。

●ラフィノース…砂糖ダイコンから搾り取れる天然のオリゴ糖。甘みが少なく、低カロリーなので、妊婦や赤ちゃんに適しています。

●フラクトオリゴ…低カロリーで難消化が強いオリゴ糖。にんにくやアスパラ、ねぎなどから抽出されます。このオリゴ糖しか活性化できない善玉菌があるので、高い実感力を実現できます。

●乳果オリゴ…サトウキビから抽出される、超低カロリーのオリゴ糖。超難消化のためカラダに吸収されにくく、しっかりと奥に棲んでいる善玉菌にまで働きかける事が出来ます。

わずかスプーン1杯でバナナ10本分、約5gのオリゴ糖が摂取できるので、1日の摂取目安量である10gを簡単に摂取することができます。毎朝のコーヒーや紅茶、納豆やヨーグルトなどに混ぜて、安心で手軽にオリゴ糖を摂取できるのでオススメです。

▼はぐくみオリゴ詳しくはこちらをClick


10日間の返金保証もあり、万が一合わない場合でも安心です。

 

料金比較

料金比較
●カイテキオリゴ

1袋あたりの単品定価2,838円(税抜)のところ…

  • 《15%オフの基本コース》 2,412円/個(税抜) 284円お得!
  • 《10%オフのお試しコース》 2,554円(税抜) 426円お得!
  • 《20%オフの年間コース》 2,270円(税抜) 568円お得!

※基本コースは三カ月毎のお届けコースです

●はぐくみオリゴ

  • 毎月お届けコース 1,840円(税込)
  • 2回目以降2,944円

三カ月分の料金を比べた場合、カイテキオリゴの方が492円割安です。ただ、比較すべきは価格だけではないと思うので、それぞれの特徴で、ご自身に合ったものを選択してみてくださいね。

 

まとめ

妊婦になると、便秘で踏ん張って大丈夫かな?と不安になりがちですが、踏ん張る事で赤ちゃんが影響を受けることは無いのです。

しかし踏ん張ると、思った以上に母体に負担がかかるので、出来る限り頑固な便秘にならないように予防する事が大切です。

便秘に悩んでいる…便秘予防として…オリゴ糖を上手に使って、苦しまずスッキリしましょうね!

 

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

保育士ぺいさんぴ

保育士、保育園での勤務も6年以上あり!3歳の息子と0歳の娘の育児中のママです! お腹を痛めた可愛いわが子ですが、育児はとても大変です!育児中のストレス解消や赤ちゃんとの接し方など育児中ママの悩みやうれしい事、お役にたてる育児情報を配信してゆきたいと思います。

関連記事

  • 妊婦のひどい便秘に【浣腸】はダメ!? 浣腸以外の解消法7選‼