1. TOP
  2. 【現地在住者直伝】スーパーで買う女子が喜ぶ人気オーストラリア土産28選!

【現地在住者直伝】スーパーで買う女子が喜ぶ人気オーストラリア土産28選!

オーストラリアと聞いて何を思い浮かべますか?

世界遺産グレートバリアリーフ、セカチューで有名になったエアーズロック、シドニーのオペラハウスに、メルボルンの街並み…

現地での観光はもちろん、お土産選びって本当に楽しいですよね!そして、外国のスーパーって見てるだけでも楽しくないですか?

日本ではまず手に入らないスーパーフードに関する様々な商品や、現地限定のものも…オーストラリア在住だからわかる、そんなお土産、ご紹介します!

現地スーパーの様子も撮影してきました!どこよりもわかりやすい事間違いなし!旅行に行く前から旅行気分が味わえる♪ワクワク感をお届けしたいと思います。オーストラリアのスーパーお土産動画は後半で!是非、お見逃しなく~。

ゴールドコースト観光の方に朗報!!!

ゴールドコースト観光の拠点サーファーズパラダイスのど真ん中に構える、日本人経営(故 大橋巨泉さん)のお土産屋さん、OKギフト(ゴールドコースト店のみの特典)で、「美コツを見た!」と言っていただくと、粗品をプレゼント!!

  • 円で買い物ができる
  • 日本人スタッフ在中
  • しっかりしたお土産屋さんで信頼できる
  • 上司へのお土産に最適!箱入りのチョコレートが揃う
  • ヘレンカミンスキー観光の中心地唯一!取扱店

などなど、Theお土産屋さんて感じで、お店を見て回るのも楽しいですよ♪

Sponsored Link

オーストラリアおすすめ!お土産

お菓子部門

Tim Tam(ティムタム)

もはや、オーストラリア土産の定番ですが、こちらのスーパー限定味があるってご存知ですか?

 

timtum

オーストラリアの2大大手スーパーのColes(コールス)とWoolworths(ウールワース)に、それぞれ、限定ティムタムがあるんですよ!右上のロゴが目印です。

ショートブレッドクリーム

ショートブレッドクリーム

ティムタムで有名なアーナッツ社のお菓子はどれも美味♡ほぼ100%のアーナッツ社商品を試した私が自信を持ってオススメするのは、この三種!!ショートブレッドクリームはさっくでもない、しっとりでもない何とも言えない食感のクッキーの間にクリームが♡

ショートブレッドイチゴ

最近、このストロベリークリーム味が出ましたが、こちらも◎!!

マンゴー

そしてまたまたマンゴー&クリーム味が新発売になりました!いかにこのお菓子が現地でも人気かがわかります。

 

lemon crisp

レモンクリスプは、ビスコのもっとクリームのレモンが強い感じです。甘い?と思いきや、意外にあっさり。

Tiny Teddy(タイニーテディ)

tiny teddy

クマの形のチョコチップクッキー。小袋タイプはバラマキお土産にぴったり♪

Shapes(シェイプス)

shapes2

ティムタムで有名なARNOTT’S(アーナッツ)社のスナック菓子。種類も豊富でどれも美味しい!その中でも、特に私のオススメは、チーズ&ベーコン味!一度食べたら、止まりません!おやつに、ビールのおつまみに…最高です!

shapes

色んな種類が小袋分けされたタイプはばらまき用に◎。

JATS(ジャッツ)

jatz

ARNOTT’S(アーナッツ)社のクラッカー。オリジナル味もあるんですが、私は断然、このペッパー味。こしょう具合がなんとも言えず♡ビールのアテに最高です♪お父さんに是非!!

ポテトチップス

ポテチ

オーストラリアのポテチって、日本の堅焼きポテトみたいな固めの食感のポテチが多いです。私の絶対的オススメは、RED ROCK DELI社の、Honey&Mastard(ハニー&マスタード)味。絶対買ってください。期待を裏切らない味です。

Jumpy’s(ジャンピーズ)

jumpy's

カンガルーの形の、おっとっとのようなお菓子。小袋タイプがあるので、バラマキに◎。

ブリンキー・ビル

ブリンキー・ビル

オーストラリアで有名なコアラのアニメキャラが描かれたレーズン。オーストラリア=コアラのイメージが強いと思うので、パッケージ良し、バラマキにも便利でかさばらない、まさにお土産の優等生!

グミ

合成着色料・香料を使用していない自然派グミです。

オーストラリアでは、子供の顎の発達にいいと人気です。ちなみにこちらでは、グミとかハイチュウ系の固さのお菓子を「ローリーズ」と呼び、スーパーの部門別通路案内に「Lollies」と表記され、チョコレートやチップス系と同じくらい人気です。

種類も豊富で、恐竜をかたどったもの、酸っぱい粉がついたもの、ハイチュウ系のもの、フルーツジャム入りのものなど様々です。グミと言っても日本のグミよりやわらかめで、日本のとは少し違います。

右のハイチュウタイプのものだと、会社でのバラマキにおすすめ!

1ドル菓子

とにかく「お土産は安く抑えたい!」という人は、オーストラリアの2大大手スーパー(coles:コールス、woolworth:ウールワース)の自社ブランド商品がおすすめ!

これはコールスの自社ブランドで、商品パッケージにcolesの文字が書かれているのが特徴です。

見てお分かりの通り、1個$1!日本円で100円以下!

 

飲み物部門

オーストラリア産ワイン

オーストラリアは、実はワイン大国。その広大な土地を活かし、ヨーロッパのワインに引けを取らないほど、美味しいです。白や、ロゼのスパークリングは一般的ですが、日本では珍しい赤のスパークリングワインもオーストラリアならでは!そして、日本では高価な貴腐ワインが、日本よりはるかに安い値段で購入できますよ!

マカダミアミルク

マカダミアミルク

アーモンドミルクは日本でもブームがありましたね!しかし、マカダミアミルクはどうでしょう?こちら、コーヒーに入れると、インスタントのコーヒーが、ハワイのコナコーヒーに格上げされるんです!この香り…たまりません。開封前は常温保存可能なタイプなので、持ち帰りできますよ。

バイロンコーヒー

バイロンコーヒー

ハワイはコナコーヒー、オーストラリアはバイロンコーヒーです!?バイロンベイというオーストラリア最東端の土地で作るコーヒーは数々の賞を総なめ!

バイロンチョココーヒー

バイロンコーヒーが作るホットチョコレートもあり、チリシナモン味が賞を受賞しています。味は…是非買って試してみてくださいね。いや、美味しいですよ!!

紅茶

紅茶

イギリス、ロンドンの紅茶ブランドTwiningsから、オーストラリアンパッケージの紅茶を出しています。カンガルーの絵がかわいいこちらは、オフィス用にすると、皆の癒しになること間違いなし!

VOSS

voss

すみません…オーストラリアのお水ではなく、ノルウェー産です…(汗) そして日本でも、たまーーーーーに売ってます。ただ!オーストラリアではどこのスーパーにも必ずあって、有名デザイナーが手がけたそのスタイリッシュなボトルがオーストラリアでは大人気♪オシャレな人の、ヨガやスポーツジムへの水筒代わり。日本であまり見かけないので、ここオーストラリアで、世界のセレブ御用達のお水、いかがでしょう。普段の水筒にしたら、オシャレですよ♪

※ビンの容器と、ペットボトル容器があります。持ち帰るなら、軽いペットボトルが断然おすすめ!

 

SiPahh(シッパー)

シッパー

これまた珍しい、味付きストロー!一箱にいくつかの味が入っていて、チョコレート・ストロベリー・キャラメル・バナナ等、色んな味があります。箱は三種類:25本入、10本入、5本入。25本入りタイプだと、箱が牛乳パックを型取った箱でキュート♡

飲み方は、①開けて(Rip)②冷たい牛乳にストローをさして(Dip)③吸って〜(Sip)④あ〜〜♡(Ahhhhh)と、こうなるわけです♪

小さい子がいるお友達にお土産にすると喜ばれます。でも、大人にあげても、珍しいので話のネタになりますよ!

※ちなみに2017年7月、パッケージから牛君がいなくなり、もっとスッキリおしゃれに生まれ変わりました!中身は同じなんですが、子供っぽさが少しなくなった感じです。

 

食品部門

ツナ缶

ツナマンゴー

え?ツナ缶???て思わないでください…その種類、ほんっとにたくさんあるんです。日本でマンゴーチリ味のツナ缶なんてありますか?

カリーツナ

カリーツナなんかも(笑)もはや調理不要ですね(笑)数ある中でのオススメは、ベタに?チリ味です。

ツナチリ

ぴりっとスパイシーがくせになります。チリオイルごとポテサラにあえたら、大人ポテサラの完成です。マヨはなしで。簡単なのに、美味しいですよ〜♡♡マンゴーチリ味は話のネタに♡

オイル類

アーモンドオイル

グレープシードオイルから、アーモンドオイル、マカダミアオイル、ライスオイルに、ピーナッツオイル。日本のスーパーではあまり見かけないオイルがたくさん!

オリーブオイル

オリーブオイルだって、ガーリック・チリ・レモン・バジルフレーバーなど種類が豊富で料理の幅も広がります!サラダにかけて簡単ヘルシードレッシング♪

ジャーキー類

ジャーキー

オーストラリアにきたんだから、ビーフジャーキーなんて王道ではなく、カンガルージャーキー・エミュー・クロコダイルジャーキーを是非!どれもくせは全くなく、美味しいですよ!噛みごたえの差だけですね!

 

お土産としてはテッパンの「コアラ・カンガルーグッズ」。だってオーストラリアのイメージって「コアラ・カンガルー」が圧倒的ですもんね!

可愛い!とお土産で喜ばれるコアラグッズ、現地でしか買えない、本当に人気のお土産情報は、オーストラリアお土産「人気なのは、〇〇です!」でお気に入りを見つけてみてくださいね!

 

キングアイランドのチーズ

キングアイランド

タスマニアの小さな島、キングアイランドは、一年中牧草が緑。その牧草で育った牛のミルクは濃厚の一言。

ブルーチーズ

チーズの種類は、カマンベールから、ブルーチーズまで様々。少しお値段しますが、味は格別です。ご自宅用に、ワイン通のあの人へ是非!チーズは動物検疫対象外なので、安心して持ち帰れます。また、預け荷物の中に入れていつも持って帰りますが、溶けませんよ。

ハロウミチーズ

ハロウミ

なんとこちら、焼いて食べるチーズ!焼いても溶けないんです!暑さ5ミリ程に切り、軽く焼き目がつくくらい焼いて食べるんですが、その味、濃厚なバターを食べているよう。そしてしゃくっしゃくっとする食感は病み付き♡お酒のアテに最高。元々はギリシャのチーズらしいんですが、ここオーストラリアでも大人気なチーズで、カフェなんかに行くと、よくサラダにハロウミチーズがトッピングされています。日本では、私は、小岩井のギフトセットで見たくらいで、デパートでもあまり見かけた事がありません。

ハロウミ2

色々種類ありますが、↑これが一番、バター感が濃くてオススメです!

ドレッシング

ドレッシング系は、パッケージも可愛くおしゃれで、当たり外れもなく、万人受けするおすすめなお土産の1つ。

種類も豊富なので、パッケージや味で選ぶのも楽しいですよ♪持ち帰るにはペットボトルタイプの容器が軽くておすすめです!

 

ミーゴレン

ミーゴレン

オーストラリアのかと言われるとそうではないんですが…ただ、オーストラリアの、インスタント系ヌードルの国民食です。麺を茹でたら付属のオイル系たれをかけてかき混ぜるだけ。このジャンキーさがたまりません。あえてジャンキーでいきたいので個人的には具は必要ないのですが、あえて合わせるなら、目玉焼きがおすすめ。そして、このミーゴレン、本当に安いんです。5食入りで150円ほど!($1=80円)日本のネットや、たまにスーパーで開催されるアジアフェア等で購入できるみたいですが、オーストラリアで売っているミーゴレンと、味?と、たれの形式?が違い、味的に正直イマイチです。はっきり言って、別物です!是非、本場?の味をご賞味あれ!

スプレッド系

カシュ―スプレッド

日本でピーナッツバターは当たり前ですが、カシューナッツバターや、アーモンドバターはそうそうないでしょう!名前を聞いただけでも美味しそうですよね…いや、実際めちゃくちゃ美味しいんです!ピーナッツバターも美味しいんですが、ちょっと甘ったる〜い感じじゃないですか。そんな方は是非、カシューナッツバター試してください!あっさり…でも濃厚で程よい甘さ…トーストの上で溶けてく感じ…たまりません♡

マカダミアスプレッド

少しカロリーはあがりますが、カカオ&マカダミアナッツバターも最高ですよ…♡

 

 

スーパーフード・グルテンフリー・オーガニック・健康食品部門

グルテンフリー食品

グルテンフリー

グルテンフリーパスタはもちろん、クッキーに、いろ〜んなグルテンフリー商品揃ってます!美容マニアな女友達にいかがでしょう?

キヌア商品

日本ではまだまだスーパーでは手に入りにくいキヌアを使った商品がたくさん。キヌア通の人も、キヌア初心者の人も、数ある商品の中から、一つ手に取ってみませんか?

マヌカハニー

マヌカハニー

実はニュージーランド産が大半なんですが…オーストラリアでも買えちゃいます!抗ピロリ菌として有名なマヌカハニーは日本より割安なここオーストラリアで是非!

オーガニックフード

オーガニックお菓子

ふっつーのスーパーでさえ、簡単にオーガニック商品が手に入るオーストラリア。野菜はもちろん、お菓子もオーガニック。健康に気をつかうあの人に、是非、プレゼントしてあげてください。

グラノーラ

グラノーラ2

種類がとにかく豊富!もはや、オーストラリアでは国民食ですね〜。パッケジーがかわいいので、おしゃれなあの子もきっと喜んでくれますよ!

ナッツバー

ナッツバー

この写真を見てもらえばわかりますが、とにかく種類が豊富ですね〜。会社で女子社員に配れば人気独り占めです♡

スキンケア部門

Sukin(スーキン)

skin

メルボルン発祥の自然派スキンケアブランド。地球に優しくをモットーに60種類以上の商品を展開。ナチュラル派からの支持が高く、ドラッグストアーで購入できるスキンケアブランドのNo.1人気と言っても過言ではないほど。こちらはスーパーには売っていないので、ドラッグストアー(Priceline)でお探しください。

他にもまだまだおすすめ…ありますよ!

  • 医療レベルグレードのラノリンを贅沢配合!万能保湿クリーム
  • なんと100%自然由来成分使用の日焼け止め
  • 見た目も可愛いコスメ
  • バラマキに!贅沢な香りの石鹸

日本未入荷のオーストラリアコスメ、詳細はこちらで→オーストラリアお土産の中で…「コスメ・化粧品」と言えばコレ!

 

バーリーマックス(スーパー大麦)

バーリーマックス

バーリーマックスとは、日本ではスーパー大麦の名前で知られる、オーストラリア政府が開発した大麦の品種で、肥満や高い大腸がんの死亡率をなんとかしようと、国をあげて開発した、オーストラリアの救世主です。

特筆すべきはその食物繊維で、一般的な大麦の2倍の水溶性食物繊維、4倍のレジスタントスターチを含むという驚異のスーパーフード!

日本ではテレビ放映の反響で購入困難…それが、オーストラリアではスーパー(特にWoolworthというスーパー)で手に入ります!

 

現地オーストラリアのスーパーのおすすめ!お土産動画

特におすすめのお土産を紹介しながら、実際にスーパーを探索して動画でまとめてみました!

お土産の他にも現地のスーパーの様子も楽しんで頂けたらと思います。

いかがでしたか?

価格も手ごろで、現地では人気の商品ですが、日本では手に入らないものばかりです。

オーストラリアでは2つの巨大なスーパーがあります。

コールスとウルワ―スというスーパーです。

この動画はゴールドコーストのコールスというスーパーで撮影したものです。

勿論、シドニーやメルボルン、ケアンズといった旅行先の街にもこのコールスというスーパーマーケットは必ずありますので、動画で紹介したお土産も購入できますよ!

 

【番外編】絶対に買ってはいけないお土産!

パスタ

缶入りスパゲティ…。絶対に買わないでください…。

ただの味の濃い伸び伸びスパゲティが缶詰めされています。日本でも馴染みのあるHEINZ商品だし、即席でスパゲティが食べれる♪と思ったら、中身はドブにお金を捨てるような商品です…

日本人には合わないこの味が、オーストラリアではなぜか大人気…。

全く理解できませんが、写真の右の缶にあるように、トーストの上にこのスパゲティをのっけて食べる、まさかの炭水化物on炭水化物がおすすめの食べ方だとか…。大阪人もびっくりな食べ方です…。

ムール貝

ムール貝の缶詰めです。

パエリアを作る際、この缶詰のムール貝を豪華な気分で大量投入し作りましたが、まずくて、まずくて、パエリアをおじゃんにしてしまった悲しい思い出があります…。

おすすめしているツナ缶コーナーの近くにこのムール貝はいます。決して手を伸ばさないようにしましょう…。

クッキー

ティムタムで有名なアーナッツ社のお菓子はどれも美味しいです♡これを除いては…。

クッキーの上に、お菓子の上にのってる飾り風のつぶつぶと、イチゴクリームがのっています。食感はガリガリっとしていて、「これ、絶対体に良くないよな~」という罪悪感しかありません。

 

まとめ

何か、「お!これは気になる!」というものはありましたか?どれも私の大好きな物ばかりで、皆さんのお口に合えば幸いです。そして、またオーストラリアに行きたい!と思ってもらえるような思い出を作ってもらえると、この上なく幸せです。

現地オーストラリアの情報、まだまだ発信していきたいと思いますので、今後とも、どうぞよろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

美コツ編集部

オーストラリア東海岸、在住。自然の美しさ、そこに暮らす自然体のままの人々とふれ合う中で、「豊かさ」とは、なにか、健康とは、美とは…を学んでいます。
また1年のうち、半年間づつ東京とを行き来し、日本で最新美容情報を収集しています。
オーガニック最先端国と呼ばれる、ここオーストラリアからそんな生活の中から培った様々なノウハウを発信していきます。

関連記事

  • ゴールドコーストでヘレンカミンスキーが買えるところ【店舗情報】

  • 【珍しい‼】女子力高めなオーストラリアお土産

  • オーストラリアお土産おすすめ「現地でしか買えない物」厳選紹介

  • ゴールドコーストで一番レートの良い両替所!在住20年以上確かな情報

  • 体験実録‼シドニー・カウントダウン花火【おすすめクルーズ船】

  • オーストラリアお土産「人気なのは、〇〇です!」