1. TOP
  2. ゴールドコースト観光「おすすめ!街歩き&世界遺産から見る絶景」

ゴールドコースト観光「おすすめ!街歩き&世界遺産から見る絶景」

オーストラリア、ゴールドコースト在住30年以上の筆者が、ゴールドコーストのお勧めの観光スポットを地図付きでご案内します。

恋人、友達との旅行や、子連れファミリーの子供も、み~んなが大満足できる観光地ばかりを集めました。

年中楽しめるスポットなので、ゴールドコーストの冬のシーズン(8月)でも楽しめますよ!是非、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

絶景・釣り・サーフィン体験スポット

まずはゴールドコーストの北部にあるスピット(The Spit)と呼ばれる、ビーチ・堤防?をご紹介します!

ここはドッグビーチでもあるので、ワンコが楽しそうに走り回る賑やかなビーチでもあります。

そして、そのビーチの脇には堤防?があり、そこから写真のようにゴールドコーストの観光の中心地、サーファーズパラダイスが望める絶景ポイントです。

あまり観光客向けではないですが、スピットはゴールドコーストの有名な釣りポイントで、堤防?には釣りを楽しむ地元人や、ビーチはサーフィン体験ツアーなどが行われる場所でもあります。

あまり観光客向けではない…と言いつつ、どこに行っても出くわす中国人はここでも顕在です…汗

スピットにはもう1つ大きな桟橋があり、こちらは5ドルほど払うと、桟橋を使用することが出来ます。こちらでも釣りをしたり、海に突き出た桟橋の上からサーファーズパラダイスを眺めたり…のんびり過ごせる、私も大好きな場所です。

◆アクセス

サーファーズパラダイス中心地から車で10分

バスやトラムなどが無いので、観光者はレンタカーでしか行けない場所です。

スピットの入り口の駐車場(無料)にはキオスクがあり、軽食やアイスクリーム、お菓子なども販売しています。

夜にはサーファーズパラダイスの夜景ももちろん見えますが、夜は少々危険な場所と言われているので、地元の人でも立ち入らないようにしています。訪れるのは、昼間にしましょう!

 

ラグジュアリー感漂うエリア

世界でも名高い高級ホテル、シェラトンや、世界でも数少ないベルサーチホテルがたたずむラグジュアリーなエリアがあります。

高級ブティック(注意!CHANELなどのハイブランドはありません!)が入るショッピングセンター、マリーナミラージュも隣接しています。

このショッピングセンターの内海には、高級クルーザーがずらりと並んでいたり、おしゃれなレストランやショップなどがある、ゆったりと時間を過ごせる観光スポットです。

この内海からスピードボードや、ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむことも出来ます。

夕暮れから夜にかけて西に沈む夕日を眺めながら、地元の人が大勢いるバーでお酒を飲んだり、シーフードやオージービーフを楽しめるレストランで、優雅な時間が過ごせます。

シエラトンミラージュのホテルのバイキングは70ドル(ランチ)ぐらいで食べ放題です。

味もおいしくて、ケーキとかのスイーツも日本人の味に合うと思いますよ。

◆アクセス

・サーファーズパラダイスから車で7分ぐらい。

※駐車場スペースは広いですが、週末は混雑するので路駐もありです。それでもだめなら…シエラトンミラージュのホテルの駐車場は無料でおすすめです。

・タクシーでも、20ドル以下で着くので、移動はタクシーでも良いと思います。

・ちなみにシーワールドまではバスで行くことができますが、そこから徒歩で10分ぐらいかかります。

 

子供が絶対喜ぶシーワールド

ゴールドコーストに3つあるテーマパークの1つ、シーワールドは現地でも大変人気のある海をテーマにしたテーマパークです。

園内はモノレールで移動することもできて、数多くのアトラクションや乗り物があります。

その中でもイルカのショーや、水上スキーショー、アシカのショーは子供連れでも、カップルでも楽しめるおすすめのショーです。

園内からヘリコプターの遊覧飛行もできますよ!上空からゴールドコーストの沿岸線や、内陸の様子を見る事ができて、地上では見られない雄大な光景は、まさにオーストラリアにいる事を実感させてくれる、思い出深い旅行になることでしょう。

オプショナルでイルカと泳いだり、イルカの餌付けができるアトラクションもあります。完全予約で時間も決まってるので注意してくださいね!

◆アクセス

海岸線を走る、シーサイドというバスでシーワールド行があります。

サーファーズから

  • バス20分以内(途中数か所停車するため)
  • 車で10分以内

 

観光の拠点!サーファーズパラダイス

ゴールドコーストと言えばサーファーズパラダイス!観光の拠点で、ツアーで来るなら宿泊地は大抵このサーファーズパラダイスにあります。個人旅行で訪れる際も、一度は訪れたい場所です。

サーファーズパラダイスの魅力は海、観光の街で、夏になれば昼間、多くの観光客が水着姿で街を歩いています。

海を中心とした遊びの他に、観光として来られた方に是非おすすめしたい場所を数か所ご紹介しますね。

さほど広い街ではないので、目的地へはすべて歩いて行く事が出来ますよ。

エスプラネード通り(The Esplanade)

エスプラネード通りとは、海岸線と平行している通りです。サーファーズパラダイスのビーチの中心にはサーファーズパラダイスを象徴するモチーフのアーケード?があり、近くにはマクドナルドをはじめ、様々なお店が立ち並んでいます。

特にマクドナルドから数十メーター北に行くと、道路を挟んで海に面した数か所の飲食店があり、ランチ時間には多くの観光客がビールを飲んだり、食事を楽しんでいる賑やか場所があります。

その辺りは、水曜日、金、土曜日の15時からナイトマーケットが開かれているので、食事前などにブラブラ見物するのもおすすめです。

 

ゴールドコーストが一望!

Q1とはサーファーズパラダイスの中で、一際目立つフォルムの高層ビルです。

サーファーズには多くの高層ビルがありますが、高層階でお酒や食事が出来るスペースはほとんどありません。

展望代金を払い専用エスカレーター約1分で到着のQ1の高層階の展望台。

展望台から眺める景色は、海岸線は遥かブリスベンから遠くバイロンベイの方面まで見れる超絶景のローケーションです。

下界を見ると、車や人がまるでおもちゃの様に見えてしまいます。

また、ゴールドコーストの山側に目を向けると、スプリングブルックなどがある山波が見えたり、カナルといわれている海に繋がる川が住宅地を流れている様子などが見えるので、飽きる事はありません。

展望台には食事の方は、チップスやシーフードプラッターなど、THE オーストラリアというメニューで揚げ物が多く、バーもあるのでお酒を飲みたい方や、子供向けソフトドリンクも販売しているので便利です。

▼Q1展望台からの眺め

▼山側の景色、カナルの川に囲まれている住宅が見えます。

◆アクセス

サーファーズから徒歩圏内 展望代の時間内なら時間制限なし

展望料金…大人24ドルが、21ドルで購入できる裏技は関連記事:ゴールドコースト観光【おすすめ!人気レストラン】で食い倒れで!

 

南半球最大のショッピングセンター

サーファーズ地区から車で10分ぐらいのところにあるブロードビーチ地区には、南半球最大のショッピングセンター、パシフィックフェアー(Pacific Fair)があります。

GUCCIやルイ・ヴィトンといった有名ブランドはもちろん、日本のユニクロもあります!

ショッピングセンター内には様々な飲食店があったり、映画館、スーパーマーケットなどもある一大施設です。お土産もここで探すのも良いかもしれませんね!

このブロードビーチ地区には、24時間オープンのカジノもあるので、賭け事が好きな人は勿論、カジノの中にはビュッフェ式のレストランやニューヨークで有名な日本食レストラン、中華レストランやショーを見ながら楽しめるレストランなどもあり、一度は訪れたい、おすすめのスポットです。

またブロードビーチ地区は路面電車(トラム)の発着場所なので、車がなくてもトラムを利用して移動するのに便利です。

◆アクセス

ブロードビーチへのアクセス方法・トラムの乗り方・チケットの買い方・ショッピングセンターへの行き方は、ジュリークをゴールドコーストで買うならこの店舗!オーストラリアで安くお土産をGETしように詳しく紹介しています。

 

ヒッピー×モダン文化融合の街

バーレーヘッズという街は、以前まではヒッピー調の街でしたが、現在は自然派主義のヒッピー文化と、おしゃれで現代的な文化が混ざった、他の街にはないような個性溢れる街になっています。

ここへ来たら、ジェームスストリートを歩くことをお勧めします。全長200mぐらいしかない通りですが、オーガニック系のお店や、菜食主義者の為のレストランやカフェ、おしゃれなインテリアショップ、雑貨屋さん、オーストラリアの商品・地元の蜂蜜を販売しているお店など、個性溢れる通りです。

またバーレーヘッズの海側にある、小高い丘の上からは、雄大な海とサーファーズパラダイスの街が見え、眼下には多くのサーファーが波乗りを楽しんでいます。まさにオーストラリアゴールドコーストの風景と言っても過言ではない、美しい自然と街を堪能できるでしょう。

この小高い丘のふもとには、イタリアンレストランやシーフードレストランなど、様々な個性溢れるレストランがあり、地元の雰囲気を味わうことが出来るでしょう!

そして、海岸線の道はオーシャンビューで飲めるバーやカフェがあったりと、のんびり一日が過ごせる素敵な場所です。

◆アクセス

サーファーズパラダイスから車で20~30分

シーサイドバス(クーランガッタ方面)30分ぐらい

 

コアラが抱っこできるのはココ!

カランビン地区はバーレーヘッズから車で10分ぐらいにある、景色がとても綺麗で海側に突き出た大きな一枚岩が印象的な場所です。

この辺りは地元の人が海水浴をする場所として有名です。外海から流れるカナルの場所では透き通った水とおだやかな水面の日が多く、夏の週末になるとカヌーや最近人気のスワップなどで多くの人が楽しんでいます。

小さな丘を挟んだ海側の反対には、カランビン野鳥公園というオーストラリアを代表する鳥や動物が飼育された動物園があります。

このカランビン野鳥公園はもともと個人の家でしたが、主人が亡くなった後に、広大な家を市に野鳥園として寄付したそうです。

ここの野鳥園をおすすめする理由は

  • オーストラリアの有名な動物が見れる

オーストラリアの有名な動物コアラ、カンガルー、ウォンバット、ワニ、カモノハシ、レインボーロリキートやその他の野鳥が見れます。

  • コアラが抱っこできる

ゴールドコーストの中でも、サーファーズパラダイスから一番近いところで、コアラを抱っこしながら写真を撮ることが出来ます。

  • カンガルーの餌付けができる

カンガルーセクションでは、自由にカンガルーに餌を与えたり、触ったりすることができます。

  • 野鳥のレインボーロリキートに餌付けできる

先代のご主人がロリキートに餌付けをしていたそうで、夕方になると、数百匹の野鳥のロリキートが餌付け目的にやってきます。その野鳥に直接餌を与えることができます。(爪が痛いので、長袖は必須です。)

  • 園内の移動は小さな汽車で移動できる。

などなど、カランビン野鳥公園は、動物・野鳥、自然好きな人にはとっても楽しいところではないかと思います。子連れファミリーにも、もちろんおすすめのスポットです。

▼カランビン野鳥公園の入り口です。駐車場は入り口向かい側にあります。

料金1日10ドル(2017年3月時点)

▼綺麗なカランビンビーチ。波も穏やかで海水浴に最適な場所です。ただ、日を遮るものがないのでパラソルなどを持ち込むことをお勧めします。ビーチの裏側にカランビン野鳥公園があります。

◆アクセス

サーファーズパラアイスから…

  • 車30分
  • シーサイドバス(公共バス)50分

 

オーストラリア各地から観光で集まる街

キラビーチからレインボービーチに行くまでの道は、よく晴れた日には、バーレーヘッズやサーファーズパラダイスの街並みも見える、素敵な散歩道があり、ここを歩くのもおすすめです。

ゴールドコースト空港にも近く、ビーチの海水の透明度がとても高いので、シドニーやメルボルンに住む都会人が休みになると太陽を求めて訪れる地元の観光地です。

海岸線には、おしゃれなバーやカフェ、ショッピングセンターもあり、サーフィンをやるにもよし、ボーっとビーチでのんびりするのもよし、一日楽しめるオーストラリアの代表的なビーチリゾートです。

毎年3月になると世界でも有名なサーフィン大会も行われるほど、世界でも有数の有名なポイントで、サーフィンに興味がある人は是非訪れてほしい場所です。

またクジラが見える時期には、肉眼で見えるほど近づく事もあります。

海岸線をゆっくり南に歩けば、次に紹介するポイントデンジャーという場所まで景色の良い海を眺めながらの散歩もおすすめです。

◆アクセス

サーファーズパラダイスから

  • 車45分ぐらい
  • バス1時間ぐらい

 

州境&240度海が見える絶景の場所

ポイントデンジャーはD-Bar(ディーバ―)と言う名前で地元の人に親しまれている場所です。

このポイントデンジャーの見所は、ゴールドコーストのあるQLD州とシドニーのあるNSW州の境目を表示をするモニュメント!

ここを発見したキャプテンクックの肖像画が飾ってある足元には州境の表示が。州境に立てば、右脚はQLD州に、左脚はNSW州に立つ写真が撮れます。

しかも、ここから眺める風景は特にお勧め!私も大好きな場所です。

 

▼OLD州とNSW州の州境を示すモニュメント

▼キャプテンクックの肖像画

またこの高台の場所からは、遠くサーファーズパラダイスから、バイロンベイの海外線までの壮大な風景を見る事ができます。

後ほどバイロンベイもご紹介しますが、バイロンベイの灯台から見た風景と同じように、目の前に広がる景色があまりにも広大な為、時間が止まった様な感覚になります。

「地球は広いなーと感じる」場所です。

また州境のモニュメントがある場所には、道を挟んだ向かい側にD Barカフェ(下の写真)があり、早朝から営業しているので、日本から東京便でゴールドコースト空港に朝7時前に着いた場合で、もしレンタカーを空港で借りる予定の方なら、是非朝に寄ってみて欲しいところです。

東京からゴールドコースト空港に早朝に着いた場合、早すぎて空港ではお店が開いてないし、空港周りにも特別なコンビニもないので、ここに立ち寄り、コーヒーや軽食をとるのもお勧めですよ。

◆アクセス

サーファーズパラダイスから

  • 車1時間以上
  • バス1時間以上+徒歩20分

ゴールドコースト空港から車15分

 

世界的に有名なオーストラリア最東端の街

バイロンベイというのは、西暦2000年以前は、ヒッピーの街で、街自体がどよーんとしていました。

しかし2000年以降開発が進み、自由であるというヒッピー色にオーガニックやヨガというような健康で自然派主義の集まる場所として、おしゃれな街、ハイソソサイエティーの街として世界的に有名な場所です。

沢尻エリカさんがダウンタウンDX出演時に、お気に入りの1品紹介で、バイロンベイで買ったクリスタルを紹介していた時には「エリカ様も来たんだ~!」ちょっとびっくりしました。

そんなバイロンベイの街から、車で20分ほど行った高台の上にある灯台は、『絶対』訪れるべき場所です。

 

バイロン灯台の情報

2017年3月に行った時のバイロン灯台の風景の動画です。

◆アクセス

バイロンの街中からのアクセスとしては、遊覧バスが出ています。

    • 車で約20分
    • 徒歩1時間以上

高台には駐車場があり、料金は1時間8ドル(2017年現在)。途中にも8台ぐらい止めれられる駐車場もあります。(機械による市のチケットを購入)

 

オーストラリア最東端まで歩道で歩いてみよう!

バイロンベイの灯台から最東端に行く歩道があるので、是非そこまで行ってみてください。

歩道を歩いてると、結構な確率でイルカの家族の波乗りが見れたり、亀、エイやサメ、大きな虹など見る事ができます。

最東端から見る風景は、「地球は大きいなー」という感覚に。ゆっくりと流れる雲や、きれいな海、広く青い大空を堪能できる場所です。

体力がある人なら、最東端の下のビーチまで歩く事もできますよ!

 

オリジナル商品ブランドがお土産でも人気

バイロンベイという街の名前は、オーストラリア国内はもちろん、世界中に知られています。

多くのバックパッカーズやワーホリ、旅行者がここを訪れて帰国し、友人や知人に話をしているのでしょう!

街の名前にちなんだ、バイロンコーヒー、バイロンクッキー、コーンチップス、なども国内の大手スーパーマーケットなどでも販売されているので、スーパーに行ったら探してみてくださいね。

さらに!バイロンベイの夕日は非常にキレイでオススメです。

毎日夕日の時間近くになると、自然と人々が海岸に集まりはじめて、音楽を奏でる集団や、お酒を飲んだり、輪になってビーチで友人達と話しをしたり…みんなで夕日が沈むのを待ちます。なんとも穏やかで平和な雰囲気です。

お土産には、そんなバイロンの夕日を写したポストカードもおすすめですよ。すごく喜ばれる事間違いなしです!

 

ゴールドコーストは海だけじゃない!

ゴールドコーストには、日本のように1,000m級の大きな山脈などはありませんが、標高500mぐらいの山々があります。

海岸線とは違った山側のゴールドコーストにも、多くの魅力あふれる大自然を楽しむことができる観光スポットがあるのでご紹介したいと思います。

 

サーファーズパラダイス近郊のワイナリー

サーファーズパラダイスから30km北には、タンボリンマウンテンという有名なワイナリーがあります。

山頂に行くまでの道も舗装されており、まず渋滞ということはないので40分ぐらいでついてしまいます。

途中雄大なヒンターランドと呼ばれるオーストラリアの田舎の風景が見れたり、サーファーズが全景に見れる場所もあるので、飽きることはありません。

ギャラリーウォークに立ち寄る

標高550mにある頂上まで登ると、軽食やカフェは勿論、お土産屋さんなどのお店がたくさんあります。

範囲は300mぐらいしかありませんが、休憩がてらブラブラ歩くのも良いと思いますよ!

ワイナリーに立ち寄る

タンボリンマウンテンに行ったら、ワイナリーに寄って、ワインを試してみるのも楽しみの一つ。

代表的なワイナリ―は5つほどあり、その中でもHeritage Estate WinesやMason Winesはお勧めです。

タンボリンマウンテンのワインは、サーファーズパラダイスの街でも勿論販売していますが、その場所でしか飲めないワインもお得な値段(約5ドルで、グラスで5杯)で試飲できて、とてもお得です。

もちろん気に入ったワインがあれば購入することもできますよ。

 

世界自然遺産

スプリングブルックは1994年ユネスコの世界自然遺産に指定された、中東部多雨林保護区にあります。

サーファーズパラダイスからは、車で約1時間ほどあり、途中狭くてアップダウンのある道もあるので、運転が苦手な方は注意が必要です。

スプリングブルックの公園内にある滝は、雨が降った翌日は大量の水が滝つぼに落ちるので、とても迫力があります。

2箇所の展望台があり、木々と、遠く海岸線まで見える景色は最高。

体力がある方は、展望台から山道を下りて、滝つぼまで歩くことができるので、是非行ってみてください。約30分ぐらいで滝つぼに着きます。

途中緑の木々の中を散策すると、森林浴・マイナスイオンの影響でエネルギーをもらえます。またオーストラリアの野鳥や昆虫に会う事もできるので楽しいですよ。

そして滝つぼでは、夏の時期は地元の人も泳いでいたり…日本では考えられないほど自由な空間になっています。

売店などは、少し離れた場所にあるので、飲み物や軽食お菓子などをもっていった方がいいと思います。

滝壺で食べるお弁当は最高!私も妻と2人でたまにピクニックがてら、お弁当を楽しんでいます。

◆アクセス

サーファーズから車のみで、1時間ほど

途中道も狭く、アップダウンの所もあるので経験者が運転することをお勧めします。

 

世界遺産の大自然に触れる

ラミントン国立公園はオーストラリア最大の亜熱帯雨林の保護区で、面積は約20,000haという想像のできない程の大きさがあります。

辺り一面、木々に覆われていて、公園内にはは170種類以上の珍しい植物が生育、38種類以上の動物が生息していると言われています。

自然の中にある吊り橋を渡ろう!

ラミントン国立公園に到着し、駐車場から公園入口の方に行くと、オライリーリゾートというホテルやお土産屋さん、レストランがあります。

さらにその奥に進むと公園の入口に全長500mほどの遊歩道が見え、数分歩くと100m程の吊り橋が!

吊り橋の途中、そこからさらに木に取り付けられたハシゴを登ると、雄大な風景が現れますので是非トライしてみてください。勿論すべて無料です。(人気があるので、順番をきちんと守りましょう!)

 

野鳥の餌付けができます!

レインボーロリキートの餌付けができるエリアがあります。

大きなスペースではありませんが、大抵いつでもロリキートの餌付けができるので、鳥が好きな人には楽しめると思いますよ。

餌を買ったがあげきれなくて余った餌をファミリーから譲り受け、餌付けチャレンジ!餌を目がけ飛んでくる鳥に囲まれ、私は鳥好きではありませんが…思いの他、楽しみました(笑)

他、型飛行機が墜落した際に、乗客2名を救助したことで有名になったオライリーさんの銅像、小型飛行機の展示もこの餌付けの近くに見られます。

 

その他にも魅力いっぱい♪

1.私がラミントン国立公園に行った時は、途中アルパカパークというミニ牧場?でアルパカを見て楽しみました。

2.道の両脇に10数頭の牛が寝ている風景や、数十匹のワラビーにも遭遇して大変楽しかったです。

3.ゴールドコーストの大風景も楽しめますよ!

 

アクセスや道路情報

サーファーズパラダイスから

  • 車で1時間30分以上
  • 各旅行会社によるツアーにて、、

サーファーズパラダイスから70kmしかありませんが、車で約1時間半ほどあります。

すべて舗装道路で行けますが、途中細い山道があるので、車の経験が浅い方はやめた方がいいかもしれません。また国立公園に近づくほど、森林が大きくなり、緑も増してきます。

 

まとめ

ゴールドコーストは街に海に山に…その魅力は数知れずあります。

ただ車社会で、交通手段があまり発達しておらず、観光客の人には行きにくいスポットが多くあって、車でまわる事ができたらもっとゴールドコーストの魅力に気づいてもらえるのになー、と時々残念に思う事があります。

ツアーの参加はお金がかさみますが、それだけ思い出は増えると思って、是非、参加してみてくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美コツ|女性の悩み解消!ダイエット、美容、恋の悩み 旅行情報など女性に役立ち毎日をイキイキと過ごせるよう応援するサイトです。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

美コツ編集部

オーストラリア東海岸、在住。自然の美しさ、そこに暮らす自然体のままの人々とふれ合う中で、「豊かさ」とは、なにか、健康とは、美とは…を学んでいます。
また1年のうち、半年間づつ東京とを行き来し、日本で最新美容情報を収集しています。
オーガニック最先端国と呼ばれる、ここオーストラリアからそんな生活の中から培った様々なノウハウを発信していきます。

関連記事

  • ゴールドコーストでヘレンカミンスキーが買えるところ【店舗情報】

  • ジュリークをゴールドコーストで買うならこの店舗‼オーストラリアで安くお土産をGETしよう♪

  • ゴールドコーストで一番レートの良い両替所!在住20年以上確かな情報

  • ゴールドコースト観光【おすすめ!人気レストラン】で食い倒れ♪

  • ゴールドコースト観光スポット「野生イルカに餌付けできる島」